製缶品にΦ20H7加工
ブログ
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 製缶品にΦ20H7加工

製缶品にΦ20H7加工

IMG_0991

当社は製缶品も加工します。

10ミリの板が2枚溶接してあるとこに、Φ20H7を貫通。

まぁ、下穴19ミリから攻めれば良いだろうと、19のドリル突っ込んだ。

そしたら、ビビってΦ19.8まで広がった((((;゚Д゚)))))))

あぶないあぶない。


コメント

  1. コロンさん
    はじめまして。
    横のパイプは、何か知らんけど付いてたのでクランプに使いました。
    溶接するときに、何かの理由で必要だったのだと思います。

  2. はじめまして
    兵庫県西部で細々と横中加工をしているR5.0と申します
    ぶしつけな質問ですが貴社様では1個として加工費はどれくらいでしょうか?
    差し支えなければお教えいただけないでしょうか?
    材質sus 2枚の板に20パイリーマとおし 穴ピッチ±0.1程度
    こちらで加工するとしたおよそ3~4Kと言う感じですが 
     

  3. うーん、パイプにクランプより五角形の板の上を押さえた方が良いように思えますが、どうでしょうか?

  4. R5.0さん
    はじめまして。
    今回は特急という事で、4個×5k=20kでした。
    3kはちょっとキツイですよね。
    こちら海田さん
    そうですね。その方が安定してたかも…
    ちょうど押え易かったので…
    次はそうします(・_・;)

  5. R5.0さん
    追記
    1個だったとしたら、6kは貰ってますね。
    前後の段取り時間がかかりますからね。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACT お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 0848-48-3148
FAXでのお問い合わせ 0848-36-5776